看護師求人

看護師の求人を探している方へ

私の夢は看護師になることです。小学校の文集などで「将来の夢」には常に「看護婦」もしくは「ナースさん」と書き続けていました。なぜ、そこまで強く看護婦さんに憧れを持ったかと言うと、やっぱり小さいころに受けた経験からだと思います。

 

私がまだ小さいころに車の事故に巻き込まれて長期入院が必要になったのです。実際の事故での痛みとかそういったことはあまり覚えていないのですが、その時の記憶がとても温かい記憶として残っているんです。あの時の病院の記憶がよみがえるたびにフワッとした温かい気持ちになるんです。それと言うのも、私を担当してくれたナースのお姉さんがいつも優しくしてくれたからなんですよね。いつも笑顔で接してくれて、小さいながらにもその笑顔にどれだけ救われたことでしょう。

 

よく友達は病院のあの匂いが嫌いと言ったり、病院の雰囲気が苦手と言うような、マイナスなイメージを持っている子が多いのですが、私は全くそう思わないんです。自分を必要としてくれる人がたくさん待っている、と変に元気が出るんです。仕事内容は他の事務員などに比べるととても過酷です。けどその分やりがいはあります。

 

では、看護師とはそもそもどういう定義で定められているのでしょう。看護師とは、入院されている方の日々の生活を援助したり、出来るだけ快適に過ごしてもらうために、体だけじゃなく心のケアもしていきます。お医者さんの指示の下、患者さんの診察補助なども仕事の1つですね。補助と言っても、看護師になるためには専門知識も身に付けなければいけないので、患者さんにとっては医者であろうと看護師であろうと、不安な事を解決してくれる人たちであれば大きな違いはありません。

 

他の医療専門職に比べると、患者さんと直接関わる部分がとても多いため、充実感や達成感のある仕事と言えます。なりたいからなれるという訳ではなく、正看護師になるためには厚生労働大臣の免許が必要になります。准看護師になるためには都道府県の試験に合格するとその都道府県の知事から免許が交付されます。

 

どちらも専門教育をまず受けて、卒業した後に試験を受け、合格するというステップがあります。もうすぐ私も試験を受ける予定です。日々の勉強は大変ですが、その向こう側には大変ながらも充実した日々が待っていると思うと、自然とやる気がおきます。

 

看護師の求人は今はインターネットで探せるという話も聞いています。看護師専用の求人サイトがあり、そこに登録していると先方から連絡が来るということなので、もし看護師としての求人を探している人は、とりあえず看護師求人サイトに登録していくといいですよ。実際に私の周りの人たちも求人サイトに登録したところ、いくつか連絡をもらい、お給料や待遇面で比較出来たので、高い条件で看護師の仕事に転職できたと喜んでいましたよ。


お勧めサイトの紹介【Reference】

日本看護協会・・・今現在看護のお仕事をされている方、これから看護師になろうと思っている方のためのウェブサイトです。

更新履歴